月別アーカイブ: 2014年1月

風邪対策

みなさま、こんばんは

このブログをスタートして、まだ半月満たないのですが
なんと、2000件近くの閲覧がなされてるようで…、
ちょっと驚きました。
ま、その多くはこのブログを構築する際のアクセスによるもの、なのでしょうが…。

お越しくださってる方々、ありがとうございます!
信頼性の高い情報を発信していけるように、頑張ります!

さて、
昨日はあまりにも1月離れした日和でしたね。
山鹿付近を走行中は外気温19℃でした。

窓を開けて走ってたのですが、
対向車のトラックの排気ガスが臭くて…、
閉めると暑くて眠くなるし…、
結局、クーラー付けました。

1月に、クーラー…

九州に来て、もうすぐ17年になりますが
1月にクーラー付けたのは、多分初めてです。

そんな陽気ですが、インフルエンザが猛威を奮っているようですね。

いろいろ対策を講じておられることと思います。

うがい・手洗いはよく言われることですが、
皆さんはどんな対策されてますか?

私自身もそのようなご質問を受けます。

オススメは、『鼻うがい』ですぅ〜♪

いいとは聞くけどねぇ~
と、苦笑いされる方が多いです。

痛いでしょ?とか。

最初の3回くらいでしたよ、
直ぐに慣れました。

以前、ある声楽家の方が、ラジオかテレビに出演されてた時に、風邪予防として挙げられたのがこの『鼻うがい』でした。
コンサートやレッスン等の予定をこなしていくには、絶対風邪はひけませんし、
声帯の為にもよくありませんよね。
その事を聞いてから、私も始めてみた訳です。

なかなか良いと思います、やってみた感想としては。

風邪をもらったかな?と思う瞬間はあるのですが、

うがい・手洗い・鼻うがい
+
温かい飲み物(生姜紅茶etc.)
+
足湯
+
早めに休む

で、なんとか次の日動けるようにはなっています。
ま、でも全くひかない訳ではありませんが…。

やはり休息の無い日々を過ごしていると、風邪を引きやすいですね。
よく寝ることは大事!と実感します。

エッセンシャルオイルでも、風邪対策に良さげなモノが幾つかあるようですね。
そんなのを調べてみるのも楽しいですよ。
素晴らしい設計のもとに存在している植物のエッセンスには、いろんな作用が含まれていて、
空気を浄化されたり、白血球を増やすのに役立ったりするものもあるようです。

ホテルに泊まると、どうしても室内の乾燥は気になりすね。
翌朝、喉がガラガラなんてこともあります。
そんな時は、バスタブに少しお湯を張り、
柑橘系のエッセンシャルオイルを数滴落として、加湿させてみるのはいかがでしょう。

狭い室内なら、簡単に香りが充満して
気持ちもリラックスしてきます。

出先で喉がイガイガしてきた時に、
よく見かけるバーガーショップに寄って、
紅茶を一杯頼んで、それでうがいしたらスッキリしました。
苦くて、普段はとても頼めないのですが。

ぁ!
あと、もう一点、

首です、首を温めることです。

首を通るリンパ液がちゃんとお仕事出来るように
ホカホカ温かい環境を作ってあげてください。

マフラー、ストール、スカーフ、
いろいろ使いこなして、お洒落に風邪対策しましょう♪

20140129_141034
昨日の空は、”Spring has come!”って、囁いてましたよ、

レモンのエッセンシャルオイル

昨年の春頃だったと記憶しています、
従姉妹の家に行った時に、キッチンにあった黄色いラベルの小さな小瓶。

毎朝、1滴水に溶かして飲んでね〜

と言われ、
翌朝から言われた通りに飲んでみました。

そしたら、しばらく経って、
ふと、口の中にレモンの香りが広がりました。

天然香料として食品添加物扱いになっているヤングリビング社のエッセンシャルオイル、レモンです。
2014-01-28-20-48-05_deco

レモン、と聞くと、酸。
酸、と言えば、東洋医学的には、肝と関係がありますね。

…、ナルホド、と妙に納得。
私自身が自然に好むモノは割りと、
陰性で、肝と関係のあるものがが多いのです。

ところで、このエッセンシャルオイルは、
飲むことも出来ますし、
室内で噴霧させたり、
サラダに少し振りかけたり…と、
いろいろ活用できます。

エッセンシャルオイルは、微量で爽やかですが、
生の果実を絞った『レモン汁』となりますと、この時期は要注意です。

今、とーっても飲みたい方は、身体を温める工夫をしながらお召し上がりください♪

ぁ、
そう言えば、
一昨日、大きめのチョコレートを1個食べたせいで
(悲しいことに、チョコを食べるとテキメン)
口元にニキビの子供が出現してたので、
昨晩、レモンの精油をちょこっと塗って寝ました。
今朝ぁ?
まぁ、見れた顔になってたのではないでしょうか…?!
まだ、大きくはなってないです、今夜も塗って寝ます。

上品な霜

今朝は、九州北部地方、大変冷え込んだようです。
9時現在、佐賀県基山町では2℃です。

家々の屋根、道端の畑などにまだ霜が残っていて
遠目に白くキラキラ輝いています。

後部座席に乗っている母が
『霜って上品なのよね』とツィートしました。

『上品?  どのように?』
と聞くと、
『みんな同じ高さだから』

『…、雪も同じ高さに降りますよ(遠目に見れば)』

『ぅーん、でも、時々ドカッと降りすぎるから上品じゃない』

ナルホド。

確かに東北地方や北海道は、今年も大変な積雪を記録してましたね。
あの降り方は、上品というより豪快、かな?

霜を見ると、小学生の頃の冬の登校を思い出します。
埼玉の田舎に居たので、霜柱がよく出来ていました。
朝、それをサクサク踏むときの感触が懐かしいですね。
最初はまだ気温も低いので靴も汚れませんが、
学校に着く頃には気温が若干高くなってるので靴が泥でベチャベチャになってしまうのです。
九州に来てから、霜柱を踏んだのは、
阿蘇でペンションに泊まった時だったでしょうか…。
あまり見かけなくなりました。

ところで、
この急激な冷え込みは、皆様のお身体にアレコレ影響を及ぼしているようです。

部屋は温かいんだけどね、
と安心してても、
身体のセンサーは思った以上に敏感で、
普段感じない部分が傷んだり、
かなり前の古傷が傷んだり、と
いつもなら気にしない部分で変化を感じることがあります。

身体に水分を溜め込む性質のある食べ物は、
こうした季節はマイナス要因になる場合が多いです。
中医学の『痰濁・痰湿・湿痰』、漢方医学では『水毒』という表現と関連しています。

水を溜め込むよりも、
身体の熱を効率よく巡らせるのに良い工夫、
また、腸や腎の働きを助けてあげる食品を摂り入れて、
身体の温度管理に気をつけてみると、この時期を過ごしやすくなるようですよ。

-3800673133957162744